【検査75gOGTT】とは、ブドウ糖負荷試験のことです。糖尿病が疑われている人に、糖尿病かどうかを確定診断します。

毎月採血してチェックしているHbA1c。今月の結果、あなたはどこになるかな?

高尿酸血症、高血圧、 肥満、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、高血圧・ 高尿酸血症、高血圧などについて。

 
 

検査名:75gOGTT

近年、重症の糖尿病合併症で苦しむ方が激増していますが、それらの症例の中には、10年あるいは、20年前に「糖尿病の気がある」とか「境界型」であるとかいわれて安易に放置された症例が少なくありません。糖尿病の早期〜中期は自覚症状が少なく、境界型(糖尿病と正常との中間)の方や、発症早期の2型糖尿病の方は、食後だけ血糖値が上がる『食後高血糖』という状態になるため、空腹時血糖値は正常範囲内であることが多く見られます。空腹時の検査だけでは、症例を見逃すことにもなりかねません。そこで75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)を行うことで早期診断が可能となります。

▽75gOGTTとは
 対象になるのは、主に糖尿病が疑われ、HbA1cが5.5〜6.5%以下の方です。75gのブドウ糖が溶けた水を飲んでもらい、その後の血糖値や血中インスリン濃度の変動を調べます。この目的の一つとして、正常型、境界型、糖尿病型を診断することと、もう一つは、血糖が著しく高くない2型糖尿病の方で、インスリン抵抗性の評価とインスリン分泌能の推定を行うことです。

※検査が受けれない方は
*1型糖尿病
*糖尿病ケトアシドーシス
*空腹時高血糖値
*感染症状のある方  
などは代謝異常の増悪を引き起こす恐れがあり、原則として除外します。


▽検査方法

  1. まずはじめに空腹の状態で血糖測定と血中インスリン濃度測定、検尿を行います。
  2. 次に75gトレーランGを飲んでもらいます。
  3. 飲み終わった時間より30分、60分、120分で血糖測定と 血中インスリン濃度測定を行い変動を調べます。

※注意事項
検査前日のアルコールの多飲や検査中の運動は、耐糖能に影響を及ぼし、正確な検査結果が得られませんので禁止とします。

  1. 検査前、長期に糖質摂取が少ないと、インスリン分泌能が低下し、負荷後血糖が高値となるため検査実施前の3日間は炭水化物を150g以上含む食事を摂ることが必要です。
  2. 検査の10〜14時間前から絶食とし、検査終了まで水以外の摂取は禁止とします。
  3. トレーランGを1本飲んでもらいます。
  4. 検査中はなるべく安静を保ち、検査中は禁煙とします。
    (喫煙は糖代謝に影響を及ぼします。)

【インスリン抵抗性とは】:インスリンの作用を受ける細胞の感受性が悪くなること。

【糖尿病予備軍とは】:糖尿病とは診断はできないけれど、糖尿病になる準備が整いつつある前段階の方。そのままではいずれ糖尿病になる確率が高いうことです。この予備軍の血糖レベルでも、糖尿病の場合と同じように動脈硬化の進行が加速されることが確認されています。

【血糖値検査とは】:血液中のブドウ糖の量を調べる検査です。血糖検査でわかるのはその時、検査をした時点での血糖の値であって、血糖レベルの瞬間値といえます。

▽インスリン分泌指数(インスリン初期分泌能の評価)

●0.8以上・・・・インスリンの反応に問題なし
●0.4以下・・・・糖尿病
●中間・・・・・・糖尿病になりやすい

☆HOMA-R (インスリン抵抗性の評価)
空腹時血糖×空腹時インスリン/405

●正常・・・・・・・1.6以下
●抵抗性あり・・・・2.5以上


(HOMA-Rは、空腹時血糖値が180mg/dl以上では、インスリン分泌が低くなるため、低めに出る。)