よくわかる糖尿病講座
糖尿病とは? 低血糖とは? 三大合併症 経口血糖降下薬について インスリン製剤の基礎知識 SMBG(血糖自己測定)とは Sick day
 
  1.低血糖とは?  
   
  2.低血糖症状とは?  
   
  3.低血糖を起こしたときの処置  
   
  4.低血糖状態はどんなときに起こるのか  
   
  5.低血糖が起きたら、次の診療時に主治医に必ず相談しましょう  
   
  6.低血糖予防  
   
     
 
TOPページに戻る
 
     
 
ステップB 低血糖とは(1)

1.低血糖とは?
血糖値が正常(70mg/dl)以下になった場合をいいます。
 健康的な人は一般的に血糖が60mg/dl以下にならないように保たれていますが、『糖尿病の人で、経口糖尿病薬、インスリン注射などの薬物療法を行っている』人に低血糖はおこります。
食事療法のみの人、αグルコシダーザ阻害剤(ベイスン)のみの人には、低血糖はおこりません。

↓しかし

 糖尿病のきちんとしたコントロールを行うためには、時々起こる軽い低血糖は避けられません。低血糖を恐れて、不十分なコントロールでは、合併症を防ぐことはできないので、低血糖は適切に処置さえすれば恐いものではないことを理解しておいて下さい。


2.低血糖症状とは?
●インスリンや薬が効きそうな時間帯(食前など)で、冷や汗、動悸、手のふるえなどの症状が重なり起これば、まず低血糖と判断します。
●この三大症状はやや低血糖が進んだ頃に起こってくるもので、その前に”考えがまとまらない、ふらつく、いらいらする、すっごくお腹がすく”などの漠然とした症状が先に起こることが多いようです。このような軽い症状のうち、低血糖ではないかと気が付き対処することが大切です。

 低血糖症状が起こる血糖値には個人差があり、70mg/dl以上でも症状が出る人もいるし、70mg/dl以下でも症状の出ない人もいます。しかし、40mg/dl以下ではほとんどの人が症状がでます。若年者ほど低血糖症状がでやすく、高齢者には出にくい傾向にあり、特に高齢者ではいきなりの意識消失もあるため、低血糖に注意し低血糖値のコントロール目標も若年者よりは低く決めています。

次のページへ

このページの先頭に戻る
赤池循環器消化器内科