よくわかる糖尿病講座
糖尿病とは? 低血糖とは? 三大合併症 経口血糖降下薬について インスリン製剤の基礎知識 SMBG(血糖自己測定)とは Sick day
 
  ○三大合併症とは  
   
  1.糖尿病網膜症  
   
  2.糖尿病腎症  
   
  3.糖尿病神経障害  
   
  4.まとめ  
   
     
 
TOPページに戻る
 
     
 
ステップC 三大合併症(1)

 糖尿病になっても、血糖などのコントロールさえしっかり行っていれば、健康な人と何ら変わらない毎日を送ることが出来ます。
 しかし、血糖の高い状態が持続すれば、本人が気づかないうちに徐々に進行して行き、何年かのうちには必ず様々な合併症を引き起こすことになります。糖尿病の本当の恐さはここにあるといえます。

※ただし合併症の発症の順序や発症までの期間は一般的な話であり、必ずしもこのようになるとは限りません。

<糖尿病に起こる慢性合併症>
1.糖尿病に特徴的なもの
(1)糖尿病網膜症(眼底出血、緑内障、失明)
(2)糖尿病腎症(たんぱく尿、慢性腎不全、尿毒症)
(3)糖尿病神経障害(神経痛、異常知覚、知覚麻痺、筋肉低下、胃無力症、便秘、下痢、排尿障害、インポテンツなど)

2.糖尿病があると起こりやすいもの
(1)動脈硬化症(心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)
(2)高脂血症
(3)脂肪肝
(4)白内障
(5)感染症(肺炎、腎盂腎炎など)
(6)皮膚病(真菌症、化膿症、潰瘍、水疱症、掻痒症など)
(7)壊疽
(8)関節症
(9)骨減少症

1.糖尿病網膜症
 目の奥には”網膜”というカメラのフィルムにあたる重要な膜があり、ここに多くの毛細血管が分布しています。この毛細血管がつまったり、血管壁に負担をかけ、網膜に酸素や栄養が不足して、眼底出血や硝子体出血などの症状を示す『網膜症』になります。
 進行すると『失明』することもある恐い病気です。

失明する例は最近では年間3000人(約5人に1人)
現在わが国における成人の失明原因の第1位!!

 

  分類 眼底所見 自覚症状 眼底検査の目安
注意 単純網膜症 網膜の小出血、毛細血管瘤、硬性白斑(たんぱく質・脂肪の沈着) 全くない 3〜6ヶ月
やや危険 増殖前網膜症 網膜の細小血管拡張・閉鎖・走行異常、軟性白斑(多発) ほとんどない 1〜2カ月
危険 増殖網膜症 新生血管の発生、硝子体出血、網膜剥離 軽度〜高度の視力低下、ときに失明 2週間〜1ヶ月

※網膜症のない人・・・眼底検査の目安は、6〜12ヶ月です。

 
このページの先頭に戻る
赤池循環器消化器内科