よくわかる糖尿病講座
糖尿病とは? 低血糖とは? 三大合併症 経口血糖降下薬について インスリン製剤の基礎知識 SMBG(血糖自己測定)とは Sick day

ステップD 糖尿病 経口血糖降下薬について

<各種血糖降下薬の特徴と主な副作用と留意点>(糖尿病性神経障害緩和薬、配合剤も掲載)

種類 薬品名 薬の効果や作用 副作用
ビグアナイド薬 メトグルコ(250,500)
メトホルミン(250,500)
グリコラン(250)
ジベトス(50)
ジベトンS(50)
主に肝臓に作用、糖の放出を抑える作用など複数の作用により血糖値を下げる。食欲抑制効果もあり、中性脂肪やLDLコレステロールを下げる働きなど期待できるとされる。 ・低血糖
・乳酸アシドーシス(非常に稀)
チアゾリジン薬 アクトス(15,30)
ピオグリタゾン15,30)
*2種ともODあり
インスリンの効きを改善し組織(筋肉、脂肪)での糖取り込み、糖利用の改善や肝臓での糖放出を抑えることで血糖値を改善する。 ・低血糖
・むくみ、体重増加
・肝機能障害(非常に稀)
SU薬 ジメリン(250,500)
デアメリンS(250)
オイグルコン(1.25,2.5)
ダオニール(1.25,2.5)
グリベンクラミド(1.25,2.5)
パミルコン(1.25,2.5)
グリミクロン(40)
グリミクロンHA(20)
グリクラジド(20,40)
アマリール(0.5,1,3)
*ODあり
グリメピリド0.5,1,3)
*ODあり
アベマイド(250)
クロルプロパミド(250)
膵臓β細胞のSU受容体に結合することで膵臓からのインスリン分泌を促し血糖値を下げる作用をあらわす。 ・低血糖
・肝機能障害(非常に稀)
・無顆粒球症(非常に稀)
速効型インスリン
分泌促進薬(グリニド薬)
スターシス(30,90)
ファスティック(30,90)
ナテグリニド(30,90)
グルファスト(5,10)
*ODあり
ミチグリニドCa・OD(5,10)
シュアポスト(0.25,0.5)
素早く膵臓のβ細胞に作用、インスリン分泌を促すことで食後高血糖を抑え高血糖による毒性を抑えることにより、糖尿病の合併症等予防。またSU剤とほぼ同作用をもっているが、SU剤と比較すると早く効き、早く効果がなくなるという特徴を持つ。 ・低血糖
・肝機能障害(非常に稀)
DPP-4阻害薬 グラクティブ(12.5,25,50,100)
ジャヌビア(12.5,25,50,100)
エクア(50)
ネシーナ(6.25,12.5,25)
トラゼンタ(5)
テネリア(20,40)
スイニー(100)
オングリザ(2.5,5)
ザファテック(50,100)← 週1回の服用薬
マリゼブ(12.5,25)← 週1回の服用薬
GLP-1を分解するDPP-4という酵素を阻害し、GLP-1の作用を増強し、インスリン分泌を促進させる薬。 ・低血糖
・消化器症状(便秘、下痢など)
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI) グルコバイ(50,100)
アカルボース(50,100)
ベイスン(0.2,0.3)
ボグリボース(0.2,0.3
ベグリラート(0.2,0.3)
セイブル(25,50,75)
ミグリトール(25,50,75)
*各種ODあり
腸での糖の消化吸収を遅らせて食後過血糖を改善し、糖尿病での合併症の進行を抑える薬。服用方法は通常、食直前に服用となる。 ・低血糖
・消化器症状(腹部膨満感など)
・腸閉塞、イレウス(非常に稀)
・肝機能障害(非常に稀)
SGLT2阻害薬 スーグラ(25,50)
フォシーガ(5,10)
ルセフィー(2.5,5)
アプルウェイ(20)
デベルザ(20)
カナグル(100)
ジャディアンス(10,25)
尿としての糖排泄を増やすことで結果的として血液中の糖を減らす薬。インスリン分泌に依存しないため単独使用では低血糖の可能性は低い。 ・低血糖
・脱水
・皮膚症状(薬疹、紅斑など)
・ケトアシドーシス
・腎盂腎炎(非常に稀)
アルドース還元酵素阻害薬 キネダック(50)
エパルレスタット(50)
キネックス(50)
糖尿病性神経障害による手足のしびれや痛み、冷感、こむら返りなどの症状を和らげる薬。 ・消化器症状(腹痛、嘔気、下痢)

当院採用薬
R1,8月改訂 引用参考文献:糖尿病リソースガイドより

【配合剤】

分類 BG薬/チアゾリジン薬 分類 チアゾリジン薬/SU薬
商品名 メタクト配合錠LD、同HD 商品名  ソニアス配合錠LD、同HD
薬剤名 メトホルミン/ピオグリタゾン 薬剤名  ピオグリタゾン/グリメピリド
用法・用量 1日1回1錠朝食後 用法・用量 1日1回1錠朝食前又は朝食後
分類 DPP-4阻害薬/チアゾリジン薬 分類 グリニド薬/α-GI
商品名 リオベル配合錠LD、同HD 商品名  グルベス配合錠 *ODあり
薬剤名 アログリプチン/ピオグリタゾン 薬剤名  ミチグリニド/ボグリボース
用法・用量 1日1回1錠朝食前又は朝食後 用法・用量 1回1錠1日3回毎食直前
分類 DPP-4阻害薬/BG薬 分類 DPP-4阻害薬/BG薬
商品名 エクメット配合錠LD、同HD 商品名  イニシンク配合錠
薬剤名 エクア/メトホルミン 薬剤名  ネシーナ/メトホルミン
用法・用量 1回1錠1日2回朝、夕 用法・用量 1日1回1錠食直前又は食後
分類 DPP-4阻害薬/BG薬
商品名 メトアナ配合錠LD、同HD
薬剤名 スイニー/メトホルミン
用法・用量 1回1錠1日2回朝、夕
分類 SGLT2阻害薬/DPP-4阻害薬
商品名 カナリア配合錠
薬剤名 カナグル/テネリア
用法・用量 1日1回1錠朝食前又は朝食後
分類 SGLT2阻害薬/DPP-4阻害薬
商品名 スージャヌ配合錠
薬剤名 スーグラ/ジャヌビア
用法・用量 1日1回1錠朝食前又は朝食後
分類 DPP-4阻害薬/SGLT2阻害薬
商品名 トラディアンス配合錠AP、同BP
薬剤名 トラゼンタ/ジャディアンス
用法・用量 1日1回1錠朝食前又は朝食後

当院採用薬
R1,8月改訂  引用参考文献:糖尿病リソースガイドより

※α-GI薬に関しては、他剤の併用において低血糖が出現した場合はブドウ糖で対処すること!!

GLP-1受容体作動薬 注射により投与(インスリンではない)
トルリシティ皮下注0.75mgアテオス 1週間に1回(同一曜日に投与)
バイエッタ皮下注5μgペン300 1日2回(朝、夕食前1時間以内に投与)
バイエッタ皮下注10μgペン300 1日2回(朝、夕食前1時間以内に投与)
ビクトーザ皮下注18mg 1日1回(朝、夕どちらか可能な限り同時刻で投与)
ビデュリオン皮下注用2mgペン 1週間に1回
リキスミア皮下注300μg 1日1回(朝食前1時間以内に投与)

当院採用薬
R1.8月改訂  引用参考文献:糖尿病リソースガイドより

 
このページの先頭に戻る
赤池循環器消化器内科