よくわかる糖尿病講座
糖尿病とは? 低血糖とは? 三大合併症 経口血糖降下薬について インスリン製剤の基礎知識 SMBG(血糖自己測定)とは Sick day

ステップD 糖尿病 経口血糖降下薬について

<各種血糖降下薬の特徴と主な副作用と留意点>

  作用部位 種類 製品名 特徴 副作用
インスリンの
分泌を促す薬
膵臓 SU薬

・アマリール
・グリメピリド
・グリミクロン
・ダオニール
・オイグルコン

膵β細胞を刺激してインスリンの分泌を促進させる薬。
血糖を下げる作用が非常に強い。
遅効性・持続性である。

低血糖

グリニド薬 ・グルファスト
・スターシス
・ファスティック
・シュアポスト
SU薬と異なり、速効性で作用持続時間が短いのが特徴。
食直前に服用することで食後高血糖を改善する。

低血糖

インクレチン関連

DPP4阻害薬

・エクア
・トラゼンタ
・グラクティブ
・オングリザ
・ザファテック
・スイニー
・ジャヌビア
・ネシーナ
・テネリア
・マリゼブ
消化管より分泌されるインクレチン(インスリン分泌促進ホルモン)が、体内の酵素(DPP-4)によって分解されるのを阻害しインスリン分泌を促進させる。
1日1回の服用で食事の影響を受けない為、食前食後のいずれも服用可能。
*エクアは1日2回投与

低血糖
便秘

インクレチン関連
GLP-1受容体作動薬
(注射薬)
・ビクトーザ
・バイエッタ
・ビデュリオン
・リスキミア
・トルリシティ
GLP-1というインクレチンホルモンがDPP-4によって影響を受けにくい構造に作り直されたもの。
1日1回または、2回の注射薬。

低血糖
消化管症状

糖質の吸収を
遅らせる薬
小腸 α-GI薬 ・ボグリボース
・セイブル
・ベイスン
・グルコバイ
・アカルボース
・ベグリラート
腸管内での糖質の消化・吸収を遅らせる薬。
食直前に服用する事で食後の血糖上昇を抑える事ができる。

腹部膨満
腸内ガス増加
肝障害

インスリンの
作用を強める薬
肝臓 ビグアナイド薬 ・メトグルコ
・メデット
・メトホルミン
・ネルビス
・ジベトンS
・ジベトス
肝臓が血液中にブドウ糖を放出するのを抑える薬。
食欲を抑える作用もある為肥満の人に適している。

乳酸アシドーシス

筋肉
脂肪組織
チアゾリジン薬 ・アクトス
・ピオグリタゾン
インスリン抵抗性改善薬と呼ばれている。
筋肉・脂肪組織での糖の取り込みを促進して血糖を下げる。

浮腫
心不全
貧血

過剰な糖を排泄させる薬 腎臓 SGLT2阻害薬 ・デベルザ
・スーグラ
・フォシーガ
・アプルウェイ
・ジャディアンス
・ルセフィ
・カナグル
腎臓の近位尿細管に存在するSGLT2の働きを阻害し、糖を尿中に排泄させる事で血糖値を下げる。
インスリン分泌に依存しない為、単独服用では低血糖の可能性は低い。
服用時間は食前又は食後。

多尿による脱水
尿路感染症
血圧低下


【配合剤】
分類 BG系薬/チアゾリジン系薬 SU薬/チアゾリジン系薬 DPP-4阻害薬/チアゾリジン系薬 速効型インスリン分泌促進薬/α-GI
製品名 メタクト配合錠LD、同HD ソニアス配合錠LD、同HD リオベル配合錠LD、同HD グルベス配合錠
単剤先発名 グリコラン/アクトス アマリール/アクトス ネシーナ/アクトス グルファスト/ベイスン
用法・用量 1日1錠 1日1回 朝食後 1日1錠・1日1回朝食前or朝食後 1日1錠・1日1回朝食前or朝食後 1日1錠 1日3回 毎食直前

※α-GI薬に関しては、他剤の併用において低血糖が出現した場合はブドウ糖で対処すること!!

 
このページの先頭に戻る
赤池循環器消化器内科