よくわかる糖尿病講座
糖尿病とは? 低血糖とは? 三大合併症 経口血糖降下薬について インスリン製剤の基礎知識 SMBG(血糖自己測定)とは Sick day
ステップE インスリン製剤の基礎知識(1)

1.作用時間から見たインスリン製剤の種類

(1)超速効型:ノボラピッド、ヒューマログ
(2)速効型:ペンフィルR、ヒューマカートRなど
(3)中間型:ペンフィルN、ヒューマカートNなど
(4)混合型:ペンフィル10R〜50R、ノボラピッド30ミックス、ヒューマカート3/7、ヒューマログミックス25、ヒューマログミックス50など
(5)持効型:ランタス、レベミル、トレシーバ注フレックスタッチ、ライゾデグ配合注フレックスタッチ、インスリングラルギンBS注
※混合型
この製剤は速効型と中間型をあらかじめまぜているタイプのインスリンです。混合の比率によって5種類の製剤が作られています。ペンフィル10R〜50R、ヒューマカート3/7などがあります。超速効型と中間型も混合比率によってノボラピッド30ミックス、ヒューマログミックス25、ヒューマログミックス50があります。

2.インスリン効果の現れ方の目安

  商品名 (1)効き始める時間 (2)効果がピーク
になる時間
(3)効果が続いて
いる時間
(食直前)
超速効型
(食後高血糖の
抑制)

  
ノボラピッド300
ヒューマログ
アピドラ注

(注射後)
10〜20分
15分以内

(注射後)
1〜3時間
30分〜1.5時間

(注射後)
3〜5時間
3〜5時間
速効型
(食前30分)

  
ペンフィルR
ヒューマカートR
ノボリンR

(注射後)
30分
30分〜1時間

(注射後)
1〜3時間
1〜3時間
(注射後)
8時間
5〜7時間
(食前30分以内)
中間型
(基礎分泌を補う)
  
ペンフィルN
ヒューマカートN
ノボリンN
(注射後)
1.5時間
1.3時間
(注射後)
4〜12時間
8〜10時間
(注射後)
約24時間
18〜24時間
(食直前)
混合型
(速効+中間型を
合わせたもの)
   
ノボラピッド30ミックス
ペンフィル30R
ヒューマログミックス25
ヒューマログミックス50
ヒューマカート3/7
(注射後)
10〜20分
30分
15分以内
15分以内
30分〜1時間
(注射後)
1〜4時間
2〜8時間
30分〜6時間
30分〜4時間
2〜12時間
(注射後)
約24時間
約24時間
18〜24時間
18〜24時間
18〜24時間
(毎一定時刻)
速効型
(基礎分泌を安定)
トレシーバ注
ランタス
レベミル
ライゾデグ配合注
インスリングラルギンBS
(注射後)
1〜2時間
(注射後)
ほとんどなし
(一定)
(注射後)
約24時間

 

 

このページの先頭に戻る
赤池循環器消化器内科