よくわかる糖尿病講座
糖尿病とは? 低血糖とは? 三大合併症 経口血糖降下薬について インスリン製剤の基礎知識 SMBG(血糖自己測定)とは Sick day
 
  1.作用時間から見たインスリン製剤の種類  
   
  2.インスリン効果の現れる目安  
   
  3.インスリン注射回数と製剤の選び方  
   
  4.インスリン注射を打つときの注意点  
   
 
TOPページに戻る
 
     
 
 
ステップE インスリン製剤の基礎知識(2)

3.インスリン注射回数と製剤の選び方
(1)超速効型インスリンアナログ製剤1日3回投与(毎食直前)

この投与パターンが適する代表的な症例
●基礎分泌は正常に近く、追加分泌のみが低下している症例。
●糖尿病罹病期間が短い症例。
●SU剤二次無効例。

(2)インスリンアナログ混合製剤1日2回投与(朝・夕食前)

この投与パターンが適する代表的な症例
●生活が規則正しい症例。
●日中インスリン投与が困難な症例。
●すでに混合型ヒトインスリンを1日2回投与しているが、食前前の投与を希望する症例。
●NPHあるいは持効型溶解インスリンを1日1〜2回投与している症例で、血糖コントロール不良例。

(3)朝・昼食直前に超速効型インスリンアナログ製剤+夕食直前にインスリンアナログ混合製剤

この投与パターンが適する代表的な症例
●超速効性インスリンアナログ製剤の1日3回投与で、朝食前空腹時血糖値が高い症例。

(4)超速効型インスリンアナログ製剤1日3回投与(毎食直前)+就寝前に中間型(または持効型溶解):Basal Bolus両方

この投与パターンが適する代表的な症例
●超速効型インスリンアナログ製剤の1日3回投与で、朝食前空腹時血糖値が高い症例。
●食事量・時間が変動しやすい症例。

(5)朝・夕食直前にインスリンアナログ混合製剤+昼食直前に超速効型インスリンアナログ製剤

この投与パターンが適する代表的な症例
●すでに二相性インスリンを1日2回投与しているが、昼食後および夕食前の血糖コントロール不良例。

(6)朝・夕食直前にインスリンアナログ混合製剤+昼食直前に経口血糖降下薬

この投与パターンが適する代表的な症例

●すでに(二相性)インスリンを1日2回投与しているが、昼食後および夕食前の血糖コントロール不良例。
●日中インスリン投与が困難な症例。

4.インスリン注射を打つ時の注意点
インスリン製剤の作用により注射の時間が異なりますのでよく確認して注射するようにしましょう。

(1)超速効型インスリン⇒食直前
(2)速効型インスリン⇒食前30分以内
(3)中間型インスリン⇒食前30分以内
(4-1)混合型インスリン⇒食直前(ノボラピッドミックス注30.50.70・ヒューマログミックス注25.50)
(4-2)混合型インスリン⇒食前30分以内(ノボリン30R注・イノレット30R注・ヒューマリン3/7注)
(5)持効型インスリン⇒毎日一定時刻
(6)超速効+持効型インスリン⇒毎日一定時刻

◎懸濁しているインスリン製剤は、注射のたびに必ず均一に白濁するまで充分に混和して下さい。(よく混ざるようにガラスビーズが入っていますので、手のひらの中でゆっくり10回以上転がしインスリンが均一に混ざるまでゆっくりと上下に10回以上振って下さい)

●インスリン療法のポイント
◎インスリン注射部位と吸収速度
部位⇒腹部、上腕、臀部、大腿などが適しています。
吸収速度⇒速い順に1.腹部→2.上腕→3.臀部→4.大腿になるのですが、吸収が速くて安定しているのは腹部が最適です。
しかし、毎回同じ場所に注射し続けるとその部分が硬くなることもある為、注射毎に少しずつ2〜3cm程度位置をずらしながら注射するように心がけましょう。

下記の図を参考にして下さい。

このページの先頭に戻る
赤池循環器消化器内科