【検査75gOGTT】とは、ブドウ糖負荷試験のことです。糖尿病が疑われている人に、糖尿病かどうかを確定診断します。

毎月採血してチェックしているHbA1c。今月の結果、あなたはどこになるかな?

高尿酸血症、高血圧、 肥満、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、高血圧・ 高尿酸血症、高血圧などについて。

 
 

 頭痛(その他の疾患)

【頭痛(緊張性頭痛と片頭痛)について】
 一言に「頭痛」と言っても、一人一人その症状も違えば感じ方も違います。また、頭痛の種類は1つとは限らず、2種類の頭痛が混在していることもよくあります。

☆緊張型頭痛
緊張型頭痛 「緊張型頭痛」とは日本人に多い慢性頭痛であり、日本では2000万人以上が悩んでいるとされています。
頭を締め付けられるような感じが毎日のように起こる持続的な頭痛、または様々なストレスが原因となって起こります。従って、ストレスを取り除くために、運動療法や薬物療法が行われます。この痛み自体は仕事や日常生活に支障を来すことはほとんどありません。午後から夕方にかけて痛む人が多く見られ、体動によって痛みが減弱し、また寒冷により痛みが増強することが多いようです。

☆片頭痛
緊張型頭痛 慢性頭痛の中でも、時々強い痛みに襲われ「片頭痛」に悩まされている人は日本では15歳以上の人口の8.4%、すなわち約840万人もの人が悩んでいると言われています。男女比は約1対4と女性に多く、特に20〜40歳代の人に集中して見られます。
こめかみの辺りがズキンズキンとする痛みや吐き気のために仕事や日常生活に支障をきたす頭痛を繰り返していれば片頭痛の疑いがあります。この頭痛は体動によって増強する傾向があります。片頭痛の原因はよくわかっていませんが、母親が片頭痛だと片頭痛になりやすいようです。片頭痛になりやすい体質の人は、ストレスやホルモンの変化などが引き金になって片頭痛が起こりやすいのです。